事前相談

近年、テレビや雑誌などでお葬式についてメディアで取り上げられる様になりました。
それに伴い、お葬式に対して前向きに考える方が多くなり、事前相談をされる方が増えてきました。

今までは…
「まだ元気なのにお葬式の話をするなんて…」
「葬儀社の敷居をまたぐなんて縁起が悪い」
という考えから
「もしもの時、1から内容を決めるのは大変」
「家族に心配をかけたくないから」
という考えに変わり、事前相談をする事で不安が解消されたという方も多くなりました。

相談内容について

お葬式のご予算は?
○祭壇の種類・ランク
○粗供養品(通夜/告別式)の内容・個数
○お食事(通夜振る舞い/精進上げ)の内容・個数
○宗教者の御礼(お布施)etc.

どなたにお知らせをするのか?
○親戚だけでお送りする
○ご友人や町内会の方にもご参列頂く
○会社関係の方にもお知らせをする etc.

お葬式を行う場所は?
○葬儀会館で(例.敬愛シビックホール)
○火葬場に併設している会館(例.瓜破斎場)
○近くの集会所
○自宅
○お寺 etc.

ご趣味・好きな物・思い出
○バラの花いっぱいの祭壇を作って欲しい
○お気に入りのクラシックの音楽を流しながら送ってあげたい
○愛車の写真を一緒に入れて欲しい
○大好きなタイガースのユニフォームを着せてあげたい etc.

など、上記の内容はあくまでも一部分なので、これを短時間で決めていくのはとても大変な事です。
『前もって準備をする事で、慌てる事なく心づもりが出来る』これが、事前相談のメリットなのです。
また、お葬式後に「もっとこうしてあげれば良かった…」と後悔しない為にも、事前に準備をする事はとても大切という事です。
そして、時間の節約にも繋がり故人様とのお別れをより長く過ごす事が出来ます。

帝塚山芋忠がご提案する“予算内チョイス”は『必要な物・不必要な物』を分かりやすくお伝えする事が出来るシステムです。

 

当社のお見積もりは、会館使用料や火葬料金をはじめ、お食事や粗供養品についても細かくご提示する事により、後から追加費用がかかる心配はありません。

そして、ご家族様に安心してお葬式を迎えて頂く為に行っている事があります。
それは、一人の担当者が事前相談〜お葬式後のアフターまで担当させていただく事で、よりご家族様の想い・ご要望に沿ったお葬式をお手伝い出来るからです。

それが、帝塚山芋忠が選ばれる理由です。

事前相談

近年、テレビや雑誌などでお葬式についてメディアで取り上げられる様になりました。
それに伴い、お葬式に対して前向きに考える方が多くなり、事前相談をされる方が増えてきました。

今までは…
「まだ元気なのにお葬式の話をするなんて…」
「葬儀社の敷居をまたぐなんて縁起が悪い」
という考えから
「もしもの時、1から内容を決めるのは大変」
「家族に心配をかけたくないから」
という考えに変わり、事前相談をする事で不安が解消されたという方も多くなりました。
相談内容について

お葬式のご予算は?
○祭壇の種類・ランク
○粗供養品(通夜/告別式)の内容・個数
○お食事(通夜振る舞い/精進上げ)の内容・個数
○宗教者の御礼(お布施)etc.

どなたにお知らせをするのか?
○親戚だけでお送りする
○ご友人や町内会の方にもご参列頂く
○会社関係の方にもお知らせをする etc.

お葬式を行う場所は?
○葬儀会館で(例.敬愛シビックホール)
○火葬場に併設している会館(例.瓜破斎場)
○近くの集会所
○自宅
○お寺 etc.

ご趣味・好きな物・思い出
○バラの花いっぱいの祭壇を作って欲しい
○お気に入りのクラシックの音楽を流しながら送ってあげたい
○愛車の写真を一緒に入れて欲しい
○大好きなタイガースのユニフォームを着せてあげたい etc.

など、上記の内容はあくまでも一部分なので、これを短時間で決めていくのはとても大変な事です。
『前もって準備をする事で、慌てる事なく心づもりが出来る』これが、事前相談のメリットなのです。
また、お葬式後に「もっとこうしてあげれば良かった…」と後悔しない為にも、事前に準備をする事はとても大切という事です。
そして、時間の節約にも繋がり故人様とのお別れをより長く過ごす事が出来ます。
帝塚山芋忠がご提案する“予算内チョイス”は『必要な物・不必要な物』を分かりやすくお伝えする事が出来るシステムです。

 

当社のお見積もりは、会館使用料や火葬料金をはじめ、お食事や粗供養品についても細かくご提示する事により、後から追加費用がかかる心配はありません。
そして、ご家族様に安心してお葬式を迎えて頂く為に行っている事があります。
それは、一人の担当者が事前相談〜お葬式後のアフターまで担当させていただく事で、よりご家族様の想い・ご要望に沿ったお葬式をお手伝い出来るからです。

それが、帝塚山芋忠が選ばれる理由です。