現在の葬儀は、この大阪では特に家族葬や火葬式をお選びいただく方が半数以上を占めてくるようになってきました。
「家族だけで見送りたい」
「費用を抑えたい」など
様々な理由があり時代と共に葬儀の様子も変わって来ましたが、この流れは送る側の主観や思い、日本人特有の周りに合わせるという考え方から選ばれる事が多くなって来たように思えます。
 ですが、葬儀というのは亡くなられた方(故人)との最後のお別れをする時間です。そして、故人は唯一無二の存在です。
だからこそ 故人の生き方や意志を尊重した送り方をすることが大切ではないのでしょうか。
現在の葬儀のありかたを見直す必要があると思います。
 今も昔も葬儀で忘れてならない事が一つあります。
それは、どんな形の葬儀でも忘れてはいけない故人の尊厳です。
安さだけが先行している現在の葬儀において「尊厳」という事が守られているでしょうか。大変疑問に思います。

 故人の尊厳とは、生前と同様に敬い接する事だと思います。
私たち葬儀社も忘れてはいけません。
故人が積み重ねた一日一日はどんな暮らしをされてきたのか、どんな方々と出会ってこられたのか思い返してあげる事。
それだけでも供養の一つになりますし、いかにして故人が一番喜ぶ葬儀を行ってあげるかを考えて頂きたいのです。

  • 本当に知らせないといけない方はいらっしゃいませんか?
  • 後々、近所の方々もお参りに来られてお葬式が終わっても大変になりませんか?
  • 直葬、火葬式で本当に良いんですか?
  • 安い金額だけで本当に納得されていますか?

 この様な質問は、大きなお節介かもしれませんが、故人にとっても皆様にとっても葬儀は一度しかございません。
私たち帝塚山芋忠は「お願いして本当によかった」と思っていただける葬儀をお手伝いいたします。
葬儀費用も皆様のご予算に合わせ「心に残るたった一つしかない葬儀」をご提案いたします。
お金で買えない価値や心に残る本当に満足のいく葬儀がここにあります。